日本のギャンブル事情
本サイトではオンラインカジノについて扱っていますが、そもそも日本のギャンブル事情はどうなっているのでしょうか? 少し見ていきましょう。

日本のギャンブル事情はどうなっている?

日本ではカジノ法案の成立に向けて、ようやく動き出した感がある今日このごろです。 従来から日本では、賭博法(賭博及び富くじに関する罪)で、ギャンブルは厳しく規制されてきました。 ですからフツーに自己制御できる成人も、基本的には一切賭け事はできないようになっています。 そんなギャンブル不自由状態で、許容されているのが国や公共が行う、競馬、競輪、競艇などと、富くじ類の宝くじ、ロト6、TOTO、ナンバーズなどです。 これらは特別法で認められているという、法体系の下で運営されています。 もっとも収益の一部を社会福祉や災害復興などの準用するという建前でこれを正当化しています。 どうも日本という国はこういう建前が好きです。 が、いずれにせよお上がやればなんでもOKだということなのでしょう。 というか美味しい汁はお上が全部吸ってしまおう、ということのようでもあります。 でも、ここにもう一つ、極めて不可解なギャンブルがあります。 言わずと知れたパチンコです。 このサイトはホンネを書くというスタンスで記事を書いていますが、オンラインカジノに対しては、ホンネも悪い印象がないので無理に悪口が書けません。 それがホンネだからです。 しかしこのパチンコに関しては、あまり正直に暴露すると、こちらも痛い目にあいそうです。 でも、日本の賭博法が存在する中で、どうしても理解できないギャンブルだということだけは、言っておきたいと思います。 ここは逆に本音が書けないので、ご容赦下さい。 それで、これらパチンコを含めた数少なく、多様性のない、そして決して良心的とは言えないギャンブルだけが許容されていて、それ以外は仲間内のゴルフのニギリでさえ、度を越せば検挙されてしまう・・・ そんなアホらしい、いい大人にギャンブルの自由さえ与えてくれない、それが日本の現実なのです。 私達日本人は、お上からアホ扱いされて、ど高い税金だけ払わされているということです。 情けない限りですね。

日本のギャンブルの市場規模

このように精神的に全く貧困なギャンブル事情の中、日本人の心の中には、絶えず満たされない欲求が渦巻いていました。 誰もがマカオやシンガポールやその他のいろんな国のように、自由にカジノやギャンブルを楽しめる環境を手に入れたいと望み、そして日本のギャンブルに対する不自由さを、常に嘆いています。 海外ではスポーツ観戦をするのに、お金を賭けて楽しむのは当たり前です。 これは健全な国民の娯楽なのです。 そして極めて信頼性の高い会社がそれを運営しているのです。 日本では野球賭博に代表されるように、スポーツベッティングなど眉をひそめる状況だったのです。 しかし・・・一体何たることか。 この精神的な不自由さの反面、日本のギャンブルの総売上は、驚くほどの金額になっています。 今世界ナンバーワンのカジノ国はマカオで、ラスベガスの何と5倍の規模の売上があり、2011年は2兆6,000億円だそうです。 日本はパチンコだけでその年間売上が何と23兆円に上ります。 これだけでマカオの何と10倍にも迫るのです。 これに他のギャンブルを加算すれば、約30兆円クラスの総売上になります。(ほとんどパチンコじゃん!) でも30兆円と言えば、これは紛れもなく世界最大級のギャンブル国を意味します。 ほとんどがパチンコの売上で、選択の自由度のないストレス溜まりまくりのギャンブル環境で、一方で同時に大きなお金がギャンブルに費消されています。 本当にアンバランスな、ギャンブルが不自由で、そのくせお金は思い切り使っているという、不幸な実態があからさまになりました。

カジノと他のギャンブルとの比較

このような不自由な日本のギャンブル事情にあって、近年進出してきたオンラインカジノ。 これはもう日本人に受け入れられても当然の、構造的な下地があったのは言うまでもありません。 ギャンブルの勝ちやすさを端的に表す指標に、還元率(ペイアウト率)というのがあります。 還元率とは「100のお金を注ぎ込んだ時、いくら返ってくるか」という率を表す指標です。 例えばあるギャンブルに100ドル投入した時に、返ってくる実績値が80ドルであれば、このギャンブルの還元率(ペイアウト率)は80%です。 当然ですがこの数値が100に近いほど、勝ちやすい、遊びやすいギャンブルだとシンプルに言えます。 ここで、日本のギャンブルの還元率を見ていくと、
  • 競馬・競輪  還元率約70%
  • 宝くじ等   還元率約40%
とこのようになっています。 パチンコなどは売上自体も深い霧に包まれていますので、現実の還元率さえ推測の域を脱しません。 ギャンブルをする際に、最も重要な数値である還元率さえ知らぬまま、パチンコで遊んでいることになります。 これに対して、今日本に上陸してきているオンラインカジノの還元率は約94%~97%に集中しています。 もちろんこれは店舗を持たずに、オンラインで運営されているからこそ叩き出せる数値ですが、それでも日本のギャンブルとは比べ物にならない、高還元率を誇っています。 オンラインカジノはシンプルに勝ちやすいのです。 どう判断しても、この数値はそれを如実に表しています。 日本のギャンブルのどれよりも良心的なギャンブルだと言えるのです。 ちなみにパチンコと違って、オンラインカジノの還元率は、常に第三者の監査を受けて発表される真実の数値です。 公認会計士に監査された法人と同じです。 信頼性のある還元率で、勝手に言っている数値ではないのです。
【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/